大きく豊かな憧れの胸を手に入れる!レッツボイン

大きく豊かな憧れの胸を手に入れる!レッツボイン

大きく豊かな胸は女性にとって憧れです。

 

 

しかし胸の大きさなんて生まれつき決まっているもので、バストアップを狙ったところで何ミリも変わらないとお思いかもしれません。

 

 

確かに特に何をしなくても胸の大きくなる女性は存在しますが、そうでないからと言って諦める必要はありません。バストアップの方法は意外に多く存在し、中には身近にあるもので出来る方法もあります。
ここではそんな中から普段の食事でバストアップをする方法を見ていきたいと思います。

 

 

レッツボイン!

 

 

バストアップを食事で行う場合に大切なのはある栄養素をしっかりと摂取することです。

 

そこでまずあげられるのがイソフラボンです。女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするイソフラボンはバストにも働きかけ、豊かな胸を作るサポートをしてくれる栄養素です。
そんなイソフラボンを多く含むのは大豆製品です。特にイソフラボンを意識してとりたい場合は豆乳がおすすめです。
他にも納豆やおからでもイソフラボンを摂取することが可能です。

 

次にあげる栄養素がたんぱく質です。骨や筋肉を作る上で必要になるたんぱく質ですが、バストアップにおいても重要な役割を果たしています。たんぱく質はホルモン分泌を促す効果もあるため、バストアップを考えているなら摂取したい栄養素です。
タンパク質を多く含む食品にはカロリーの高いものが多いので、ダイエットを行っている場合には食材を選ぶ必要があります。鶏のささみはカロリーが少なく、たんぱく質が摂りやすいためおすすめです。また卵も手軽に摂取できるので利用したい食材です。

 

他にもバストアップに効果的な栄養素は存在します。

 

 

あまり知られてはいませんが、ボロンという栄養素がバストアップには効果的です。ボロンにはエストロゲンを増加させる働きがあり、バストを大きくしてくれる効果が期待されています。
ボロンはキャベツに多く含まれています。熱に弱い栄養素なので、バストアップをしたい場合は生で食べるのが効果的です。

 

 

このように身近な食材を使うことでもバストアップは可能なのです。お金のかかるサプリや習慣化しにくい運動はムリという方でも、食事でのバストアップは気軽に行えるものなのでぜひ取り入れていただきたい方法です。

 

 

 

プエラリアがバストアップに効果をもたらす理由

 

 

 

バストアップのサプリには、多くの場合プエラリアという成分が入っています。これは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするものです。

 

 

 

女性ホルモンには、生理終わり頃から排卵が起こるまで多く分泌されるエストロゲンと、排卵から生理が始まるまで多く分泌されるプロゲステロンという2種類があり、これらは美肌ホルモンとも呼ばれています。そしてこのホルモンバランスが整うことで子宮やバストが発達するため、バストアップには欠かせません。とは言え、エストロゲンは一生涯でスプーン1杯ほどしか生成されないホルモンのため、この分泌量を目に見えて増やすことはできません。

 

 

そのためエストロゲンによく似た成分、プエラリアを使ってエストロゲンを活性化させるということが目的です。また、このバランスが取れるとバストアップだけではなく、肌や髪につやを与えたり、排卵痛や生理痛、PMSの症状や更年期障害の症状の緩和にも役立ち、さらには基礎代謝を上げるなど、健康面でも効果が期待できます。

 

しかしエストロゲンによく似た成分であるプエラリアが配合されたバストアップサプリを摂取する場合、注意すべきことがあります。それは、生理が終わった頃から排卵までの間しか摂取してはいけないこと!なぜならば、身体の中ではその間だけエストロゲンが多く生成されます。排卵が終わった後、身体はプロゲステロンを多く生成します。つまり、排卵後にプエラリアを多く摂取してしまうと逆にホルモンバランスを崩してしまう可能性があるからです。

 

 

摂取する時期を誤ったり、また、身体に良さそうだからと過剰摂取してしまうと、頭痛や不正出血などの副作用が出てしまうこともありますので、バストアップサプリを利用する場合はその配合成分を確認し、プエラリアが含まれている間は基礎体温計を用いるなどして排卵日を把握し、摂取時期に気を配る必要があります。また、ホルモンバランスが崩れやすい生理中、妊娠中、授乳中の女性は摂取を控えましょう。