食事制限でダイエットする時の注意点とコツ

食事制限でダイエットする時の注意点とコツ

スリムなスタイルになるために必要なダイエット。

 

 

ダイエットを成功させるには消費するカロリーを摂取するカロリーよりも多くする必要があります。しかし、消費するカロリーを増やすために運動量を増やしても、一度の運動で消費できるカロリーは思ったよりも少ないので、労力の割に体重が減りません。なので、運動量を増やすよりも食事制限をするのをおすすめします。

 

 

消費するカロリーを増やせないなら摂取カロリーを減らせばいいわけです。食事制限ならば、日頃食べている食事の量や質をコントロールするだけで、摂取カロリーを減らすことができます。食事制限をする時に注意するべきなのが「極端な食事制限はしない」ことです。一気に体重を減らそうと焦ってほとんど何も食べないような食事制限をすると、体脂肪は減って体重が落ちますが、それと一緒に筋肉もごっそりと減ってしまって基礎代謝が低下してしまいます。

 

 

基礎代謝が低下すると消費カロリーが落ちますし、それに加えて栄養不足になりますので、肌の状態も悪くなってしまいます。美しい体を手に入れるためにダイエットをするはずが、これでは本末転倒です。なので食事制限は無理のない範囲で行うようにしましょう。食事制限のコツは、まず炭水化物を控えることです。炭水化物を摂取しすぎると脂肪になってしまうからです。

 

 

特にジュースやチョコレートのような砂糖を多く含む食品は摂取しないようにしましょう。砂糖は急激に血糖値を上げるので、その血糖値を下げるために体がインシュリンを多く分泌してしまい、糖がどんどん脂肪に変わってしまいます。なので、炭水化物を摂取するときは血糖値が上がりにくい玄米のようなものから摂るようにしましょう。2つ目のコツは、食べる物を高タンパク低カロリーの食品にすることです。

 

 

 

ダイエット中でも筋肉量を減らさないためにタンパク質が必要だからです。鶏のささみや大豆などのような食品を中心に食べるようにしましょう。普段食べる物を低カロリーのものに変えればいつもと同じ食事量でも総カロリーは減るので、あまり負担なく食事制限を続けることができます。